製造・卸売・販売業者専用サイト。製造・卸売・販売業者・PL保険の総合プラン

トップ > ハイパー任意労災 > 事故発生

労災補償の上乗せには
使用者賠償責任保険が必要です!


訴訟になったら・・・   労災保険給付分   最終負担分内訳 詳細説明
治療費   療養補償     治療費は全額補償対象になります。
葬祭料   葬祭料 労災保険の葬祭費用は、305,000円と給付基礎日額の30日分の合計額になります。
休業損害   休業補償 ここでいう不足分は、労災給付のない1日目から3日までの平均賃金60%分と、4日目以降の給付基礎日額20%分になります。(労災の特別支給金を考慮)
    使用者負担分
死亡・後遺障害
逸失利益
  控除される年金     年金にかかる前払い一時金の給付が受けられる場合はその一時金のみ損害賠償額から控除されることがありますが、その後の年金については控除されないため「非控除説」にしたがって最終的な損害賠償額が決定されることとなります。
※遺族補償年金前払一時金の最高限度額は給付基礎日額の1000日分になります。
  控除されない年金   使用者負担分
 
慰謝料     使用者負担分 労災保険には慰謝料がありません。従って全額負担分となります。慰謝料は算出にあたって特別法的根拠や基準がありません。

労災訴訟が増加!軽微な事故でも即訴訟!
人差し指の欠損で2,353万円!?
製造業によくある「後遺障害の状態」と逸失利益
(性別:男性、年齢:37歳、平均年収:567万円の場合)
例えば、無資格者の指示により機械作業にあたっていた作業員が、機械に挟まれ片手の人差し指を失った場合、労災等級は10級となります。この場合、民法415条(安全配慮義務違反)709条(不法行為責任)等により、企業側は被害者より訴訟を起こされる可能性があります。
労災等級10級程度のケガでも訴えられたら・・・
2,353万円+α
は用意しなくてはなりません。

損害額の算定(主なもの)
損害賠償額:@後遺障害逸失利益+A慰謝料(入院・後遺障害)+B休業損害
(損害賠償額合計から労災や災害補償規定(AIU)などの既払い金は差引かれます)

○逸失利益は「後遺障害を負ったために、少なくなった賃金の損失」分です。

○逸失利益は年齢、年収により異なるため、訴訟に発展する場合は災害補償規定だけでは万全ではありません。

このホームページの情報は、当該商品のパンフレットの付属資料としてご覧 いただくものです。
ご検討にあたっては、必ず当代理店より説明を受け当該商品 のパンフレットをあわせてご覧ください。

※お問い合わせはこちら→03-3836-3600  インスイレブン株式会社
住所:〒110-0005 東京都台東区上野5-23-8 キューアス御徒町ビル4F
承認番号: AIU--17-0969 引受保険会社 AIU損害保険株式会社 首都圏第三営業部


資料請求